BitMEXのメンテを狙ったショート狩り。

8月22日10時、

BitMEXのメンテナンスが30分間予定されていた。

元々最近はBitfinexの買い先行で、BitMEXと80USD程度

価格が開くこともあり、買いでBitfinexが先行気味ではあったが、

BitMEXのメンテナンス中に、400USD以上のロングスパイクを

Bitfinexが放った。

その後、BitMEXのメンテは若干延長されるものの
(BitMEX公式TwitterではDDoS攻撃を受けたと発表している)

スパイクは元に戻された。

メンテを狙ったショート狩り、もしDDoS攻撃まで

本当だとすれば、ETFなぞ適用されるはずもなく、

市場操作の問題は、より表面化するかと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする